体力

有機認定のマカ

マカは豊富な栄養素を含んでいて、アメリカでは宇宙食に利用されるなど今注目の植物です。
ペルーでは3000年以上前から栽培、常食されていてアンデスの山に住む人々の健康を支えてきたようです。
マカに含まれる成分は例えばアミノ酸ですが、アミノ酸には体の中で作られるものと、体の中で作ることの出来ない9種類の必須アミノ酸に分かれますが、
マカはこの9種類の必須アミノ酸すべてを含んでいます。
また、ミネラルも豊富に含まれており、マカが私たちの健康を支えてくれる働きをしてくれるのは間違いないと言えるでしょう。

マカの豊富な栄養素はその栽培地が大きく関係しています。
マカが育つボンボン高原の周辺の土地には金、銀、銅、鉛、亜鉛などの鉱山がありミネラルを豊富に含んでいます。
さらにボンボン高原は標高4000mのところに位置する事から酸素はうすく、昼間は直射日光にさらされ、夜には零下10℃になり日中との寒暖差が30℃を超える過酷な自然環境にあります。
この栄養豊富な土地と過酷な自然環境が良質なマカを生み出すのです。
過酷な自然環境であるため、良質なマカが育つ地域では雑草や病害虫が存在しません。
雑草や病害虫が存在しないという事は農薬を使う必要がないという事なので良質なマカはそのほとんどが有機栽培です。

有機認定されているマカという事はしっかり良質なマカが育つ環境で育ったマカという事になります。
マカの特性が注目を集めていることにより、低地で化学肥料を使用して栽培したマカが出回っている事があると言いますから、マカを選ぶ際は有機認定のものを選ぶと良いでしょう。
やはり低地で化学肥料を使って栽培したマカと過酷な自然環境で育ったマカでは成分が違うだけでなく、効果も劣るようです。
マカの効果は栄養豊富な土地と過酷な自然環境にも耐えてしっかり根をはって成長したマカだからこそ得られるものです。
自分の口に入るものですから、しっかり効果の得られる安全なものを選びたいですね。