体力

マカはなぜ高地で栽培されるの?

マカは豊富な栄養素を含み、その効果は疲労回復やホルモンバランスの正常化など様々です。
ホルモンバランスは私たちが健康に生活するためにとても重要で、ホルモンバランスが崩れると女性なら生理不順、月経異常、肌荒れなど辛いものばかりです。
もちろんホルモンバランスの影響を受けるのは女性だけではありません。
男性もストレスや加齢などでホルモンバランスが崩れた場合更年期障害を引き起こす可能性があります。
更年期障害というと女性に起こりやすいもののように思えますが、更年期障害は女性だけに起こるものではなく男性にも起こりうるものなのです。
これだけ見てもマカの効果は素晴らしいものですが、その効果はマカに含まれる豊富な栄養素のおかげです。

マカが栽培される土地は金鉱山があることからミネラルが豊富に含まれており、マカはその土地の栄養素を存分に吸収して成長します。
また、マカが栽培されるボンボン高原は標高4000mに位置しする事から酸素はうすく、直射日光にさらされ、夜は零下10℃になるなどとても過酷な自然環境にあります。
なぜマカはこのような高地で栽培されるのでしょうか。
それは良質なマカが成長するために必要なミネラル豊富な土壌が低地どころかペルーの他の地域にもない特別なものだからです。
それに加え、寒暖差30℃を超える過酷な自然環境は他のどんな植物も育たない環境であるにも関わらずマカはしっかり根をはり成長します。
過酷な自然環境に耐える事の出来るマカだからこそ、収穫してから5年間も不毛の土地にしてしまうほど栄養を吸収して成長出来るのでしょう。

ミネラル豊富な土壌、過酷な自然環境があってこそ良質なマカになるために、マカは高地で栽培されるのです。
残念な事ですが、低地で栽培した質の悪いマカが出回っている事があると言います。
マカは高地にある良質な土壌、過酷な自然環境で育つからこそ良質なマカになるのですから、マカを購入する際はその栽培地をしっかりチェックして良質なマカを口にしたいですね。