体力

マカには様々な色があるの?

マカとは南米ペルーに植生するアブラナ科の植物ですが、マカに含まれる豊富な栄養素が様々な効果を発揮してくれると今注目されています。
例えば男性でいうと、マカにはアルギニンや亜鉛が豊富に含まれていることから勃起不全の解消や精子の数を増やし活性化させたり、
女性ではホルモン分泌を指令する視床下部や脳下垂体を調整する成分が入っており、ホルモンバランスを正常化させる効果があることから生理不順の解消や
更年期障害を緩和させる効果があると言われています。

ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れてしまいますから、ホルモンバランスを正常化させる効果は疲労回復にも繋がりますし、
マカに豊富に含まれるビタミンCやB群、カルシウムはストレスに強い身体を作ってくれますからストレス解消効果とともにストレスを溜めにくくしてくれるのです。
少しあげてみただけでマカから得られる効果は沢山ある事がわかりますよね。

そんな素晴らしい食材のマカには様々な色のものがあります。
クリーム色や黄色、紫色や黒などその色の種類は14種類もあるのですが、マカは種をまく段階で色を判断するのは難しいため、育ててみないとどんな色のマカが育つのかわからないそうです。
全体の30~40%のマカが黄色で1番採れる確率が高く、次に20~30%のマカが紫色、5~10%のマカが黒になるそうですが、色が違うのは外皮だけで中身はみんな同じ色です。
外皮の色が違っても栄養価に特に違いはありません。

ペルーではマカフェスティバルというマカに関する知識を競ったりマカを使った料理コンテストを行う代表的なイベントがあるそうです。
マカフェスティバルと同時に行われるマカ見本市では様々な色のマカが展示されるなど、同じ植物で色々な色が楽しめるというのもマカの魅力のひとつと言えるのではないでしょうか。
マカの栄養価だけでなく、マカがどんなものなのか知る事でより安心してマカを摂取出来ますよね。
マカを摂取して心身ともに健康になりたいですね。